年齢や悩みに合わせたおすすめの機能性表示食品

機能性表示食品には、美容や健康のサポートができる機能成分が配合された食品やサプリメント、ドリンク、菓子などがあります。いろいろな種類がある健康食品の中でも、それぞれの年齢や世代に合わせたおすすめの機能性表示食品の成分や効果などを紹介していきます。

悩みや体調に合わせた機能性表示食品を選ぶ時の参考にしてください。

関連:機能性表示食品の落とし穴。分析頻度は1度きり?

健康診断の数値が気になる中高年におすすめの機能性表示食品

生活習慣の乱れで起こる高血圧や糖尿病などは、加齢と共に発症する人の割合が増えていきます。機能性表示食品は病気を治療する効果はありませんが、血圧や血糖値が気になり始めた人の健康をサポートする効果が期待されています。

血圧が高めの人の健康をサポートする成分は、サーデンペプチド・カカオフラバノール・γ-アミノ酪酸・α‐リノレン酸など種類が豊富です。自宅でも外出先でも機能成分を摂りやすいように、飲みやすいドリンクタイプやサプリメント、加工食品など毎日続けやすい形状の機能性表示食品から選べるようになっています。

また、血糖値が気になる人の健康サポート成分としては、難消化性デキストリン・サラシア由来サラシノールが有名です。ドリンクタイプもお茶・炭酸水・水・コーヒーなど、普段の水分補給代わりに飲める物が多く、食事と一緒に血糖値をサポートする成分を摂りやすくなっています。

機能性表示食品にはその他に、中性脂肪を減らす作用のあるモノグルコシルヘスペリジン・エイコサペンタエン酸・EPA・DHA、血中コレステロールを低下させる大麦β-グルカン・松樹皮由来プロシアニジンなどの健康サポート成分があります。

健康診断での数値が気になる時にも、悩みに合わせた機能性表示食品を見つけることができます。

関連:高血圧に悩む人におすすめの機能性表示食品

ダイエット中の女性に人気の機能性表示食品

ダイエットの成果を出すためには食事で摂るカロリーを抑えたり、運動などを行って消費するカロリーを増やしたりすることが大切です。機能性表示食品はダイエットのサポートに役立つ成分が配合されているので、健康や美容のために効率的にダイエットに取り組みたい女性にも喜ばれています。

テレビCMなどで有名な糖や脂肪の吸収を抑える桑の葉イミノシュガー・キトサン・茶花サポニンのサプリメント、体重や体脂肪を減らすビフィズス菌・N-アセチルグルコサミン配合のカプセルタイプも人気です。内臓脂肪や皮下脂肪などお腹が気になる人に特化した、葛の花由来イソフラボン・ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン配合の食品などもあります。

代謝の良い身体作りのためには腸内環境を整えることも大切なため、ビフィズス菌・大麦β-グルカン・プレミアガセリ菌などの機能性表示食品もおすすめです。ダイエットのサポートに役立つ機能性表示食品は、外での食事の前にも飲みやすいサプリメントタイプのラインナップが揃っています。

ひざの動きをスムーズにするための機能性表示食品

高齢になるとひざなどがこわばったり痛みを感じたりと、体がスムーズに動かなくなる人が増えていきます。特に立ち上がる時や階段の昇り降りの時に、つらい思いをすることがあるので、予防のためにも関節に良い成分を摂取することがおすすめです。

機能性表示食品には膝関節を曲げたり伸ばしたりといった動きを助けるコラーゲンペプチドや非変性2型コラーゲン、スムーズに関節を動かす時に欠かせない軟骨を保つためのグルコサミンなどがあります。関節の動きをサポートする機能性表示食品には粉末タイプがあるので、お味噌汁や煮物に溶かして普段の食事と一緒に摂ることもできます。

また、コラーゲンの機能性表示食品はビタミンCが豊富なオレンジジュースと一緒に摂ると、体内でコラーゲンの合成をサポートできるそうです。高齢者向けのサプリメントは飲みやすいように粒が小さく加工されているものや、コンドロイチンなど他の栄養成分が配合されている商品もあります。

ひざの動きをサポートするためには、毎日飲み続けることが大切なので飲みやすい形状の機能性表示食品を選ぶようにしましょう。

更年期の女性におすすめの機能性表示食品

更年期には女性ホルモンが減少するためさまざまな不調が現れますが、中でも骨密度の低下により骨粗しょう症を発症するリスクが高くなっています。機能性表示食品には骨を丈夫にするために必要な大豆イソフラボンや、骨の代謝をサポートするβ-クリプトキサンチンを配合した商品があります。

サプリメントだけでなくおやつ感覚で食べられる飴タイプや、お茶代わりに飲める手軽な機能性表示食品もおすすめです。また、更年期の女性用に開発された骨をつくる働きをサポートするパウダータイプの機能性表示食品なら、いつもの飲み物に溶かしたり食事の時にふりかけたりして手軽に機能成分を摂れるようになっています。

骨を丈夫にするだけでなく関節の動きも気になる時には、大豆イソフラボンやβ-クリプトキサンチンと一緒にコラーゲンやグルコサミンなどを一緒に摂取しましょう。

ストレスが溜まりやすい働き盛り用の機能性表示食品

機能性表示食品には、デスクワークなどで集中して仕事をしている人のストレスを和らげるGABA・γ-アミノ酪酸を配合したタイプもあります。ガムやチョコレート、飴など仕事中でも手軽に食べられる商品が多く、スーパーやコンビで購入できます。

また、ストレスに強い体になるためには、身体をリラックスさせる良質な睡眠を摂ることも大切です。なかなか寝付けない、熟睡できた気がしないという時にはL-セリン、寝起きがすっきりしない、ちゃんと眠ったはずなのに体が重い時にはL-テアニン配合の機能性表示食品がおすすめです。

記憶力や判断力をサポートできるDHA・イチョウ葉由来フラボノイド配糖体・イチョウ葉由来テルペンラクトン、パソコンやスマホのブルーライトから目を守ってくれるルテインなど、機能性表示食品は仕事中の体調を整えるための成分も豊富です。

ストレスや身体の疲れを軽くしてくれる機能性表示食品のタブレットタイプは、エナジードリンク味・グレープ味など美味しく健康になれる商品もあります。

悩みや体調に合わせた機能性表示食品を選びましょう

機能性表示食品には仕事の疲れや体調を整えてくれる食品や、更年期や高齢になった時の不調をケアするための商品など多くの種類があります。オンラインショッピングサイトや薬局やスーパーになどでも取り扱っているので、悩みを解消してくれる機能成分と形状を比較して毎日続けやすい機能性表示食品を摂るようにしましょう。